HOME > 静整振とは > 最近の動き一覧 > 沼津学園飛龍高等学校...
最近の動き詳細


2018/11/08 沼津学園飛龍高等学校へのエンジン教材8基を贈呈しました

近年、自動車整備業においては、少子化や若者の「クルマ離れ」などの要因により自動車整備を目指す若者が減少しているほか、自動車整備に携わる自動車整備士の平均年齢も45歳を超えるなど、整備要員の高齢化が進展していることから「自動車整備士の不足」が大きな問題となっています。

このような状況を踏まえ、自動車整備業に携わる人材の確保、育成について自動車関係団体が連携して対応していくことが喫緊の課題となってきていることから、関係各団体と連携のもと静岡自動車整備人材確保・育成連絡会を設立し、高等学校訪問、中高生の職場体験・インターンシップの推進などの活動を行っているところです。

このような状況の中で、当会に於いては中学、高校の女子学生を対象にした、県内で活躍している女性整備士を紹介するフォトブックを作成し、県下全ての中学、高校へ配布を行いました。

フォトブック作成に於いては、県下の高校で唯一の自動車整備士養成課程のある飛龍高等学校自動車工業科の女子学生にも出演のご協力を頂きました。

このフォトブックの取材協力を頂いた際に、近年、自動車工業科への入学生徒数の定員割れが続いた為に教材購入の予算が十分に確保できず、必要な教材の補充、代替ができないない状況になっているとの相談を受け、校長先生からも支援の要請を頂きました。
当会でも、支援について検討した結果、整備主任者技術研修で使用したエンジン教材を贈呈を下記の日程にて贈呈式を実施致しました。

1.日 時 平成30年11月8日(木)13:15~

2.場 所 一般社団法人静岡県自動車整備振興会 東部総合会館

沼津市女鹿塚3080

3.贈呈教材

  日産 CR14DE 8基
  ※マーチ(K12)に搭載エンジン

当会、古屋副会長より、飛龍高等学校坂根校長へ目録が渡されました。
 




 

 

2017/06/21 第5回定時総会を開催
2017/06/13 マイナビ進学FESTA静岡で自動車整備士の社会人アドバイザーとして参加
2017/06/09 平成29年度防犯功労者団体表彰を授与されました。
ページの先頭へ