HOME > メンテナンスガイド > 車検と定期点検整備
2.車検と定期点検整備の違い
各車種の定期点検(法定点検)時期
>画像を拡大

簡単に言うと...

■車検

一定期間ごとに国が行う検査

■定期点検整備

クルマのトラブル防止や性能の維持を図るための予防整備

このステッカ−は?

検査標章

■検査標章

前面ガラスの中央部に貼付けされています。 車検の有効期間を示しています。
点検・整備済みステッカー

■点検・整備済みステッカー

助手席側上部の前面ガラスに貼付けされています。次回の定期点検整備の実施年月等を表示しています。

車検とは.....

あくまでもその時点でのクルマの安全面や公害防止面が基準に適合しているかどうかを、テスターや目視などに よって検査するもので、次の車検までの安全性が保証されているものではありません。


定期点検整備とは.....

クルマの点検整備とは人間でいう健康診断のようなもので、いわば『クルマの人間ドック』です。

愛車の故障を未然に防ぎ、性能維持を図る予防整備となります。プロの整備士は、車にとっては医者のようなものです。

クルマの走行・安全性能は、年々確実に向上しています。それでも、トラブルを防止したり、性能を維持したりするために、メーカーも予防措置を求めています。

それは、オイルやタイヤ、ブレーキパッド等ほとんどの交換部品の耐久性能は、過去10年に変化が無く、クルマの性能と同じように向上していないことが国の調査でも明らかになっているからです。

だからこそ、頼りになる医者、すなわちプロの整備士のいる整備工場で定期的な点検・整備でトラブルの芽を摘んでいくことが必要なのです。

ページの先頭へ
"));